婚活サポート情報

男性も女性もどんな人が選ばれるの?

事前カウンセリングにお越しになられる方に、実際の会員さんのデータを見せると女性は
「けっこう素敵な男性が登録されているんですね」
と驚き、男性は
「けっこうキレイな人が登録しているんですね、これなら頑張れます!」
と気合を入れる方がほとんどです。

けれど、実際にお見合いに入っていくとやはり、理想と現実の壁にぶつかり、次のお見合いを重ねていく...というシビアな状況が続くこともあります。

お見合いを繰り返せば繰り返すほど、「またダメでも次があるし」、
「この人よりももっといい人がいるかも」といった期待感ばかりが強くなっていくのも避けられない傾向です。

 

私が伝えていきたいのは、
お見合いで目の前に現れる人はみんな「自分にとって必要な人」ばかりです。
ご縁というものは、自分発信だからです。
相手に対してこだわりが強すぎたり、
「こういう人は絶対イヤ!」といった思いこみが強すぎると、
不思議とその「イヤな人」が目の前にやってきてしまうので注意が必要です。
「どんな人がやってきたとしても、誠実に対応していこう。
お相手の人も、たった一人の運命の相手を探しているのだから」
といった謙虚な姿勢でお見合いに挑んでいくこと。
たとえ、イヤな人が目の前にやってきたとしても「この人から自分は何を学ぶべきなのだろうか」
といった考え方をして、自分の中の思い込みを解きほぐしていきましょう。

 

さて、お見合いで選ばれる人というのはどういうタイプの人でしょうか。

男性は明るく清潔感があり、自分の話ばっかりせずに女性の話にもキチンを耳を傾け、お仕事に対して一生懸命頑張っているタイプの人です。
お見合いの席で
「上司がイヤなヤツでさ...」
とか
「今月から残業代カットなんですよ」
などといった話をしない人。
お見合いの場でフィーリングが合うと、女性も意外と身長や年収などにこだわりすぎず男性の中身重視で見ていけるようです。

対して女性は、男性をおおらかな気持ちで見てあげる人。
男性は、一緒にいて安心できる女性を求めています。
彼の人格を認め、足りない部分を口に出さず、どちらかというと精神的に落ち着いていて一人でも人生を楽しんでいる人ですね。
相手に多くを求めず、沈黙の時間でもそのひと時を楽しめる余裕がある方。
こんな女性は年齢に制限なく成婚が早いです。

また、最初は相手に求めてばかりだった女性でも、お見合いを重ねていくにつれ、謙虚な気持ちが芽生えていき、相手に対しておおらかな気持ちが持てるようになったころ、ご縁の神様が動き出してくださるようです。


男性も女性も「たった一人の運命の相手」を求めて結婚相談所に入会されています。

あれもダメ、これもダメばかり言わず、お相手のいい面を積極的に見ていくことも成婚への第一歩ですね。

 

心を謙虚に保ちながら活動しよう・・・!
と決意したあなたは事前カウンセリングへ。

お見合いの席で大切なこと(男性編)

相談所に登録して、いよいよお見合いの日時が決まったあなた。
お相手のデータやお写真をじっくり分析して、「当日はどんなこと話そうかな」と緊張しますよね。
ここでお見合いの席での注意点について軽くお話ししていきましょう。

 

男性の場合

  • 約束の30分前には待ち合わせ場所に到着し、場所を確認しておくこと。
    まず、トイレへ行って身だしなみを整えましょう。
    目ヤニ、鼻毛などを注意深くチェックしてください。
    清潔感は第一印象で何よりも大切なことです。
    (時々、女性から「お見合い相手が鼻毛の出ている人で幻滅した」という声が入ります)
  • 約束の15分前には待ち合わせ場所でお相手を待っていましょう。
    無事お会いできたら、
    「今日はお時間を取って頂きありがとうございます」と伝え、
    席につくまでは当日の天気の話などをしてください。
    席についたら、2~3分で自己紹介をします。
    名前、どこに住んでいるか、仕事内容(簡潔に)を言います。
    その後はお相手の女性の自己紹介を聞いてください。
    一通り自己紹介が済んだら、お互いの趣味の話、最近興味のあることに加えて、誰でもわかる世間話を入れてください。
    (テレビの話やスポーツの話など)


共通項が見つかったら、その話題を盛り上げましょう。
沈黙になったら焦って話題を探さず、外の景色でも眺めてその時のお天気の状況などを話してください。
沈黙になった時に話題にした方がいいことは、これまでの人生で自分が頑張ったことなどを伝えてみることです。
子供のころ、野球チームでホームランを打って逆転勝ちした話や、仮面ライダーにあこがれて崖から飛び降りて足を負傷した話でも構いません。
男性が前向きに頑張った経験を楽しげに話す姿を女性は好感をもつものです。
ただし、話に夢中になり過ぎてあまり長くなりすぎないよう注意してください。

 

お見合いの席でタブーなのは、「何回お見合いしてますか?」、
「なんで相談所に入会したんですか?」です。
お相手は「結婚」がしたくて入会されたのです。
そこをほじくりかえさないようにしましょう。
仕事の愚痴、上司の悪口なども頂けません。
そういう話題は仕事が終わってから、気の置けない同僚たちとお酒を飲みながら話すことですので、お見合いでは控えましょう。。

一時間~一時間半ぐらい話したら、男性から「今日はありがとうございました」
と切り出してください。
お茶代は女性の分も出すこと。
ここでケチっていると、次のお見合いでもいいことはありません。
お見合いの結果(もう一度お会いしたいか、お断りか)については、ハピ婚相談所のカウンセラーへご連絡をお願いいたします。

 

双方共交際希望(もう一度会ってもいい)と思われた場合は、カウンセラーを通してお互いの携帯番号を交換し、2回目以降のデートはご自身同士で決めて頂きます。

ハピ婚相談所では、デート後の報告を必ず頂くようにしています。
(どこに行って、どんな話をしたか。どんな気持ちになったかなど詳しく報告を頂いています)
そして次のデートに向けて、具体的にこうすべき...といったアドバイスを行っております。
それぞれの会員さんによってアドバイスすべき点は異なりますが、このデートサポートに力を入れているため、成婚へとつながるケースが確実に増えていますね。

 

お見合いでもなんとなく自分の良さをアピールできそうだ・・・!
と確信した男性は、事前カウンセリングへ。

女性の方へ。あなたは子どもを産みたいという希望はありますか?

「もちろん、産みたい」とうなずくあなたに質問です。

あなたは何歳までに出産したいですか?
芸能人の女性が高齢出産をしたと聞くと、私たちはなんとなく
「あ、私もまだ大丈夫だわ」と思いがちです。
けれど「子供がほしい」といった願いがあるのでしたら、女性は自分の体内年齢を冷静に見直す必要があります。

 

妊娠と年齢は大きな関係があることは皆さん認識されていることでしょう。
さまざまな統計では、30歳を過ぎると少しずつ妊娠率が低下し、40歳以上になると、がくっと低下するようです。
個人差もありますので一概にはいえませんが、40歳を過ぎると難しいということはいえるようです。

 

また、何の問題もない男女の1周期あたりの妊娠率は、だいたい20%から30%と言われています。
この妊娠率を高いと見るか、低いと見るかは、それぞれの価値観となりますが、人間って意外と妊娠しづらい生き物のようです。

 

さらに、子育てとは、とても体力のいるものです。File_044.jpg
私は36歳で娘を出産しましたが、赤ちゃんのお世話とはこんなに大変だったのかと産んでからしみじみ実感し、世のお母さん方を改めて尊敬しました。
赤ちゃんのころの娘は夜泣きがひどく、電車に乗ってもバスに乗っても知らないところが怖かったのかよく大きな声で泣いていました。
2歳児のイヤイヤ期にも手を焼いたものです。

 

けれど、私の眼を見て笑う姿や、小さくてプクプクしている手足、
「かぁ」と呼んでくれていたのが少しずつ「おかーしゃん」、「おかあさん」
と成長していく姿を見せてもらえることや、ぎゅーっと抱きしめあって笑っている瞬間は何事にも変えられない愛おしい時間です。
子供を産んでこんなに誰かに必要にされることは今までなかったかも...
と思えるくらい、子供はお母さんが大好きなんだ、ということも娘を通して発見したことです。

日々の子育てはぐったりすることもありますが、お互いに愛情を与えあう瞬間はやはりありがたいものですし、心の中にあったかい気持ちが生まれていきます。

 

厳しい意見となりますが、出産にはタイムリミットがあるのが現実です。
「子供がほしいけど出会いがない」と思われているのであれば、一歳でも若いうちから動き出し、そしてハピ婚をして、ご自身らしい幸せ家族を作っていってほしいと願っています。

 

ハピ婚して楽しいママライフを実現するぞ!と決意したあなたは、事前カウンセリングへ。

親と仲が悪くても結婚できる!

私自身が著書やブログで親との葛藤について書いてきたからか、ハピ婚相談所には
「親との仲が今一つだったけれど、結婚には憧れています」
と相談に来る方がとても多いです。
 
彼らは子どもの頃から親に否定されて生きてきたので自分に自信が持てず、異性に対しても積極的になれなかったり相手が困る言動を起こしては破局する...といった恋愛パターンを繰り返しています。
私は、そんな会員さんたちのいいところを積極的に見て長所を伸ばしていくアドバイスを心がけています。
そんなカウンセリングの時間を過ごすたびに感じることは「みんな誰かに承認されたいんだな...」ということ。
私が会員さんを承認していくと、その会員さんは自分自身を承認していきます。
するとご自身のことを「そのままでいいんだよ」と言ってくれるお相手とのご縁が出来ていきます。
 
例をあげると、父親と仲が悪かったAさん(男性・38歳)は入会時は自分に対する自信がなく、結婚に対しても恐怖心がありました。
けれど、私と共にご自身のいい面を積極的に捉えるようにし、コツコツとお見合いを続けていった結果、お相手の女性と巡り合い結婚。今年は待望の赤ちゃんが生まれたとメールで報告がありました。
メールにはかわいい赤ちゃんのお写真と共に「ささやかな瞬間に幸せを感じています」と書かれていました。
 
もうひとつ例があります。
バツ1で「親の結婚が幸せじゃなかったので、私もそのイメージが強いんです」
と言われていたMさん(女性・36歳)。
私のブログや本を読んで下さり、「同じ境遇だったけれど幸せな再婚をされているのなら共感してくれるかも」とハピ婚相談所に入会。
お見合い活動中は、親を通して得てきた価値観と、本来自分が持っている価値観とのギャップを冷静に見つめ直していき、結果、おおらかな彼と知り合い結婚。
 
「とても落ち着いた毎日を過ごしています。
親のことも距離をとっていけるようになりました」DSCF0757.jpg
といった報告を頂きました。
 
昔から親と仲が悪くたって、幸せな結婚は出来ます。
私はそんなつらい過去を体験してきた人々にこそ、あたたかい家庭を築いていってほしいと願い、日夜激励を送っています。
ご自身の意志次第で
「人生はいくらでも変化させることができるんだ」
ということを、この二件の成婚例を通して感じています。
 
親との葛藤はひとまず置いておき、自分の幸せを見つけていこうと思った方はハピ婚相談所へ。

スタートを決めたときが、あなたの結婚適齢期

ハピ婚相談所には、38歳で入会し、39歳で成婚した女性会員がいらっしゃいました。
結婚が決まった時、彼女は「もっと早く活動していればよかった」と何度も言っていました。
けれど私は「スタートを決めたときこそが、あなたの結婚適齢期」だと思っています。
 
スタート地点になかなか立てない理由って、みんなそれぞれ色々ありますよね。
・元カレのことが忘れられない
・仕事が忙しくて他のことに目をやる余裕がなかった
・相談所に入ってまで出会いを求めたくない
などなど。
 
けれど「相談所に入って相手を見つけるゾ!」と決意してきた人は本当に早く結果が出ています。
これまでの自分の行動を振り返り、結婚するためには何を優先すべきなのか(自分の年齢、相手に求めることなど)がしっかりわかっているからだと思います。
もちろん私からもそれぞれの会員さんの具体的な結婚観を聞き出し、その大きなイメージに合ったお相手選びを一緒にサポートしています。
結婚が決まるお二人は、やはりどことなく雰囲気が似ていらっしゃいます。
そして厳しい意見となりますが、男性も女性も一歳でも若い方が相談所でのお見合い率はぐんと高くなるのです。
みなさん今この瞬間が一番若いのです。
スタートラインを先延ばしにせず、動き出すのなら、今。
ですよ。
 
今日から動き出そう!と決意された方は事前カウンセリングへぜひお越しください。
 

親の世代と今の結婚を同じに考えないこと

入会前の事前カウンセリングでこんな悩みを打ち明ける女性が多くいらっしゃいます。


「母は専業主婦で何事にも耐えていました。
けれどその一方では自分の人生や、父や周りに対して文句ばかり言っていました。
父がワンマンで家事など一切やりませんでしたから。
結婚したら私も母のようになったら...と思うと結婚することが怖いんです」

 

そんな女性たちに私は
「現代の結婚は、あなたが望むライフスタイルをいくらでも多様化することができますよ」
ということをお伝えしています。

最近の世論調査によると、小さなお子さんをもつ男性で、仕事中心の生活を望む人は2~3割。
7割は「仕事だけでなく家事、育児にも参加していきたい」
と答えているそうです。
実際の男性の子育て時間は残業などもありなかなか多くの時間を取れないようですが、今は「二人で手分けして生活を楽にする工夫をしている夫婦」がたくさん存在するようです。
少しでも家事を分担したり、子どものおむつを旦那さんが取り変えてくれたり、時には旦那さんに子どもを預けて一人でヘアカットに行ったり。
すべてをきっちり半分ずつ分担...というわけにはなかなかいかないようですが、お母さん世代の結婚よりは男性の考え方に柔軟性が出てきているのは事実ですね。

男性に家事や育児を手伝ってほしいといった希望があるのなら男性の収入だけを頼るのではなく、ある程度女性も外に出て自分の収入を得た方がいいと私は思っています。
兼業主婦は時間のやりくりが大変ですが、奥さんも働いているからこそ、ご主人が保育園の送迎を手伝ってくれたり、子どもの面倒を交互に見てくれたりする機会も多いようです。
現在、仕事を持っている女性ならば、結婚してからもなるべくそのお仕事を続けていた方がこれからの時代は賢明だと私は感じています。
今の時代、男性の収入の保証はどこにもないからです。

このように、時代も結婚観も仕事観も親の世代とはずいぶんと変化しています。
親の世代の結婚観が絶対だとは思わないこと。
もっとフレキシブルにあなたらしい結婚を共に実現してくれるパートナーがいるはずですし、だからこそ条件やルックスにこだわり過ぎず、自分の人生に共感してくれる相手選びをしていきましょう。

そんなパートナー選びをしていきたいと願う方はぜひハピ婚相談所へ。

▲ ページトップへ

大安ケイコへのカウンセリング・お問い合わせ受付中!表参道ヒルズそば、A2出口徒歩5分