女性の方へ。あなたは子どもを産みたいという希望はありますか?

「もちろん、産みたい」とうなずくあなたに質問です。

あなたは何歳までに出産したいですか?
芸能人の女性が高齢出産をしたと聞くと、私たちはなんとなく
「あ、私もまだ大丈夫だわ」と思いがちです。
けれど「子供がほしい」といった願いがあるのでしたら、女性は自分の体内年齢を冷静に見直す必要があります。

 

妊娠と年齢は大きな関係があることは皆さん認識されていることでしょう。
さまざまな統計では、30歳を過ぎると少しずつ妊娠率が低下し、40歳以上になると、がくっと低下するようです。
個人差もありますので一概にはいえませんが、40歳を過ぎると難しいということはいえるようです。

 

また、何の問題もない男女の1周期あたりの妊娠率は、だいたい20%から30%と言われています。
この妊娠率を高いと見るか、低いと見るかは、それぞれの価値観となりますが、人間って意外と妊娠しづらい生き物のようです。

 

さらに、子育てとは、とても体力のいるものです。File_044.jpg
私は36歳で娘を出産しましたが、赤ちゃんのお世話とはこんなに大変だったのかと産んでからしみじみ実感し、世のお母さん方を改めて尊敬しました。
赤ちゃんのころの娘は夜泣きがひどく、電車に乗ってもバスに乗っても知らないところが怖かったのかよく大きな声で泣いていました。
2歳児のイヤイヤ期にも手を焼いたものです。

 

けれど、私の眼を見て笑う姿や、小さくてプクプクしている手足、
「かぁ」と呼んでくれていたのが少しずつ「おかーしゃん」、「おかあさん」
と成長していく姿を見せてもらえることや、ぎゅーっと抱きしめあって笑っている瞬間は何事にも変えられない愛おしい時間です。
子供を産んでこんなに誰かに必要にされることは今までなかったかも...
と思えるくらい、子供はお母さんが大好きなんだ、ということも娘を通して発見したことです。

日々の子育てはぐったりすることもありますが、お互いに愛情を与えあう瞬間はやはりありがたいものですし、心の中にあったかい気持ちが生まれていきます。

 

厳しい意見となりますが、出産にはタイムリミットがあるのが現実です。
「子供がほしいけど出会いがない」と思われているのであれば、一歳でも若いうちから動き出し、そしてハピ婚をして、ご自身らしい幸せ家族を作っていってほしいと願っています。

 

ハピ婚して楽しいママライフを実現するぞ!と決意したあなたは、事前カウンセリングへ。

▲ ページトップへ

大安ケイコへのカウンセリング・お問い合わせ受付中!表参道ヒルズそば、A2出口徒歩5分