お見合いの席で大切なこと(男性編)

相談所に登録して、いよいよお見合いの日時が決まったあなた。
お相手のデータやお写真をじっくり分析して、「当日はどんなこと話そうかな」と緊張しますよね。
ここでお見合いの席での注意点について軽くお話ししていきましょう。

 

男性の場合

  • 約束の30分前には待ち合わせ場所に到着し、場所を確認しておくこと。
    まず、トイレへ行って身だしなみを整えましょう。
    目ヤニ、鼻毛などを注意深くチェックしてください。
    清潔感は第一印象で何よりも大切なことです。
    (時々、女性から「お見合い相手が鼻毛の出ている人で幻滅した」という声が入ります)
  • 約束の15分前には待ち合わせ場所でお相手を待っていましょう。
    無事お会いできたら、
    「今日はお時間を取って頂きありがとうございます」と伝え、
    席につくまでは当日の天気の話などをしてください。
    席についたら、2~3分で自己紹介をします。
    名前、どこに住んでいるか、仕事内容(簡潔に)を言います。
    その後はお相手の女性の自己紹介を聞いてください。
    一通り自己紹介が済んだら、お互いの趣味の話、最近興味のあることに加えて、誰でもわかる世間話を入れてください。
    (テレビの話やスポーツの話など)


共通項が見つかったら、その話題を盛り上げましょう。
沈黙になったら焦って話題を探さず、外の景色でも眺めてその時のお天気の状況などを話してください。
沈黙になった時に話題にした方がいいことは、これまでの人生で自分が頑張ったことなどを伝えてみることです。
子供のころ、野球チームでホームランを打って逆転勝ちした話や、仮面ライダーにあこがれて崖から飛び降りて足を負傷した話でも構いません。
男性が前向きに頑張った経験を楽しげに話す姿を女性は好感をもつものです。
ただし、話に夢中になり過ぎてあまり長くなりすぎないよう注意してください。

 

お見合いの席でタブーなのは、「何回お見合いしてますか?」、
「なんで相談所に入会したんですか?」です。
お相手は「結婚」がしたくて入会されたのです。
そこをほじくりかえさないようにしましょう。
仕事の愚痴、上司の悪口なども頂けません。
そういう話題は仕事が終わってから、気の置けない同僚たちとお酒を飲みながら話すことですので、お見合いでは控えましょう。。

一時間~一時間半ぐらい話したら、男性から「今日はありがとうございました」
と切り出してください。
お茶代は女性の分も出すこと。
ここでケチっていると、次のお見合いでもいいことはありません。
お見合いの結果(もう一度お会いしたいか、お断りか)については、ハピ婚相談所のカウンセラーへご連絡をお願いいたします。

 

双方共交際希望(もう一度会ってもいい)と思われた場合は、カウンセラーを通してお互いの携帯番号を交換し、2回目以降のデートはご自身同士で決めて頂きます。

ハピ婚相談所では、デート後の報告を必ず頂くようにしています。
(どこに行って、どんな話をしたか。どんな気持ちになったかなど詳しく報告を頂いています)
そして次のデートに向けて、具体的にこうすべき...といったアドバイスを行っております。
それぞれの会員さんによってアドバイスすべき点は異なりますが、このデートサポートに力を入れているため、成婚へとつながるケースが確実に増えていますね。

 

お見合いでもなんとなく自分の良さをアピールできそうだ・・・!
と確信した男性は、事前カウンセリングへ。

▲ ページトップへ

大安ケイコへのカウンセリング・お問い合わせ受付中!表参道ヒルズそば、A2出口徒歩5分