2006年4月のワークショップに参加し、2007年4月に入籍したIさん

出会い活動を初めて、ご主人と出会うまでどのくらいの期間がありましたか?

出会い活動を初めて8ヶ月目で現在の夫と初めて出会い、その2ヵ月後に付き合うようになりました。

付き合うようになるまでは出会い活動を始めて1年7ヶ月でした。

 

出会い活動中に気をつけていた点はどんな点ですか?

まずは自分の外見を磨くことからはじめました。

女性らしい明るく柔らかな色の洋服を選び、パンツはやめスカートをはくようにしました。

メイクレッスンを受け自己流だったメイクを見直しました。

同年代で出会い活動をしている女友達と連絡を取りあうようにしました。

自分ひとりでがんばっていると煮詰まってしまうので、友人といろんな話をして励ましあうようにしました。

家にこもっていては男女問わず新しい出会いがない!と思い積極的に人が集まる場所に出掛けました。

目に見えて成果がなくてもがっかりせず、次に気持ちを切り替えていこうと思いました。

 

今の彼と結婚したいなと思ったのはなぜですか?

一緒にいてとても居心地が良いと感じたからだと思います。

他の人にはない安心感がありました。

わたしのほうが年上で8歳離れているのですがそれでもいいといってくれたことで結婚が実現しました。

(当時夫31歳、私が39歳でした。)

  

彼からプロポーズの言葉を聞きだすために努力をしましたか?

初めてデートしてから約2ヶ月後に具体的に結婚の話をしていました。

努力らしいことはとくにありませんでした。

 

「こういう点を注意すると結婚できると思う!」みたいなアドバイスがありましたらぜひ教えてください

自分が結婚をどう捉えているのかを見つめなおし、方向転換することだと思います。

私自身、結婚をしたいと思っていても、実はその後ろには「本当に自分は結婚をして幸せになれるのかな?」

「ひとりのままが気楽でいいし、わざわざ結婚しなくてもいいかもしれない。」など結婚に対してマイナスのイメージや逃げの気持ちがあることを見つめなおしました。

しかし、当時38歳であったわたしは年齢からいって今真剣に結婚に向けて取り組まないと一生結婚できないかもしれないと思いました。

今まで仕事を第一優先にしてきたのですが、自分の人生に必要なことを今やろうと思い直し、結婚のための出会い活動を第一優先にし、30代のうちに結婚しようと決意しました。

昨年4月、大安ケイコさんのワークショップに参加させていただいたことで、自分の中の結婚や男性に対するマイナスのイメージを払拭し、肯定的なプラスのイメージを持ち、こんな男性とこんな結婚しようと目標を持ちました。

その中で、両親との関係が結婚する上でマイナス要因になっていることがわかり、さらに個人アドバイスを受けました。

自分自身を肯定的に捉え、「幸せな結婚をしてもいいんだ。」と幸せになる決意のようなものができたように思います。

夫はケイコさんのセミナーで書いた理想の男性の50項目のほとんどを満たす男性であったことが分かり、まずは書いてみることだなぁと思いました。

不思議なもので自分が思い描いたことは本当に叶うものだということを体験させていただきました。

▲ ページトップへ

大安ケイコへのカウンセリング・お問い合わせ受付中!表参道ヒルズそば、A2出口徒歩5分