2009年12月にご入会し、2010年4月にご成婚されたAさん(女性 29歳)


★  ハピ婚相談所を選んだ理由
父親とうまくいかず、なかなか男性を信用することができなくて、いつも長続きしませんでした。
そんな時、インターネットで大安さんの記事に出会いました。
なるほどな~と思うところがたくさんあり、まずはセミナーに参加してみることにしました。
実際に大安さんのお話を聞いて、本当にみんなの幸せを願ってるんだなということが伝わってきたし、ハピ婚された方のお話を聞いて、ここなら安心して活動が進められそうだなと思ったので、入会を希望しました。

 

 
★彼に決めた点。うれしいエピソードなどがありましたら教えてください。
警戒心の塊のような私が、最初にお会いしたときからリラックスしてお話することができました。
もしかしたらこの人と結婚しちゃうかも!、何となくそんな予感がしました。
とってもとっても優しくて、いつも私のことを一番に考えてくれました。
嬉しいことはたくさんあったんですが、一番嬉しかったのは、仕事が辛くてついグチをこぼしてしまったとき、嫌な顔せず聞いてくれて、「辛いことは半分に、嬉しいことは2倍にできたらいいね」って言ってくれたことです。
どんなことでもちゃんと受け止めてくれるんだな、味方がいてくれるってこんなに嬉しいことなんだ!と感動しました。
そんな感じでトントン拍子に進んでいき、お会いして約2ヶ月でプロポーズされることになりました。
お相手には全く不安はなかったんですが、仕事の異動も重なって気持ちがついていけず、とてもナーバスになってしまいました。
そんなとき、仕事がうまくいくようにと、わざわざ私の家の近くの神社でお守りを買ってきてくれました。
改めて彼の優しさに触れ、こんなに大切にしてくれる人はいないなと思って、結婚を決意しました。

 

 
★現会員、ハピ婚相談所へ入会を迷っている方々へ一言。
活動中、大切にしていたことは「選んでもらえる自分になろう」ということです。
なかなかうまく進まなかったとき、大安さんのブログを読んで、この言葉に衝撃を受けました。
自分にはここが足りなかったなと思い、まずは自分が「結婚したらハッピーになれますよ」と感じてもらえるような人になろう、そういう時間をすごせるようにしようと思いました。
そのために良くやっていたのが、ワークショップでやった「ハピ婚した自分をイメージすること」です。
ハピ婚する私ならこんな風に考えるかなとか、こんな格好かなとイメージして、それを実現するようにしていました。

 

 
★大安ケイコへ一言。
親身になって活動をサポートしてくださったので、何かあったら大安さんに相談すればいいや!と思え、心強かったです。
ナーバスのピークにいただいたメールは本当に嬉しかったです。
気持ちがすっと楽になりました。
一番心に残ったのは、「幸せが当たり前でいいんだよ」って言葉です。
ずっと「ちょっと不幸」なのが当たり前だったので、いいことがあると絶対続かない、あとで大きな落とし穴が待っているとつい身構えてしまいます。
今の幸せが続くことを信じて、(信じるだけじゃなくて努力することも忘れずに)これからの日々をすごしていきたいと思います。

▲ ページトップへ

大安ケイコへのカウンセリング・お問い合わせ受付中!表参道ヒルズそば、A2出口徒歩5分