結婚のご縁とは

自分自身の過去を振り返ってみても、成婚者や弊社主催のワークショップで結婚が決まった人の報告を聞いていても、はたまた友人知人関連の話を聞いていても結婚するときって、あまり弊害なくスルスルと話が進むように思う。


お互いが「結婚したい!!」と思っていても、どうしてもどっちかの親が反対しまくってなかなか話が進まなかったり、

女性側がどうしても結婚したい!と思ってても男性が煮え切らなかったり、

反対に男性が彼女のことを好きで好きで追いかけていても女性の方が答えを出せなくて結果が長引く時などこれらの場合は、

運命の相手じゃないのでは・・・と感じる。


いや、もっと正確にいえば、そういう人たちも運命の人なのだろうけれど、どちらかというと、自分自身を振り返るために必要な相手なのかもしれない。


相手に執着していると結婚って出来ない。


期待感が強すぎてそれが相手に重荷になるから。


結婚って、させるものではなくて、お互いにお互いが必要だなと思い合えること。


だからとってもシンプルだし、相手がそう思ってくれないのなら、これはもう仕方ない。


くっつくご縁は必ずくっついていく。

それを信じ続ける心を持つことも大事ですね。

▲ ページトップへ

大安ケイコへのカウンセリング・お問い合わせ受付中!表参道ヒルズそば、A2出口徒歩5分